あなたは今日何を食べましたか?

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

 

和食は今や世界中で人気で
健康な食事として知られています。

和食が世界中の人に
認めてもらえることは嬉しいですよね。

しかし、時代とともに
日本人の生活や食事は変化し

忙しい生活の中で
外食や加工食品、コンビニなどは
とても便利で助かります。

そんな中
日本で売られているものは
安心・安全!

海外製品は不安
という方も多いのではないでしょうか。

しかし、今日お伝えしたいのは
外食や加工食品、コンビニ食は
身体に良くないのでやめましょう

ということではありません。

(確かに食べ過ぎはおすすめしません)

ほとんどお家で
手作りしているという方も
忙しくてそれがなかなかできない
という方も

日本で売られている
食べられているものは
安心安全だから大丈夫!
とするのではなく

今一度
普段買っている、食べているものは
何から作られているのか

材料の表示を見て自分で確かめ

自分で納得・選択して
買い物や食事を
していきましょうということです。

大人はもちろん
小さなお子様がいる方や
これから考えてみえる方も

食事と心身の健康は
=(イコール)できるほど
重要なことです。

まず、食品添加物とは何かご存知ですか?

厚生労働省の定めによると
「保存料や甘味料、着色料や香料など、製品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用するされるもの」
とされています。

その中で
日本では安全とされ
使用されていても

海外では使用禁止となっている
ものも多々あることは
ご存知ですか?

いくら厚生労働省が認め
マウスへの実験などにより
人体に悪影響がないとしていても
不安は残ります。

また、その動物を使った実験は
一つの添加物の単品使用
の場合のテストであり

複数の添加物を
一度に摂取した場合
どうなるのかという研究は
まだきちんとされていないそうです。

しかし、現代の食事の中で
一つの添加物のみということは
ほぼありません。

また食品の裏の表示を見て
添加物が少なそうなものを選んでも

「一括表示」というのがあるので
一つの物質の中に
数種類が隠れていることも
あるそうです。

例えば、コンビニのおにぎりは
10種類以上
パックに入っているサラダも
10種類ほど
使われていることがあります。

分かりやすいものとしては
加工度の高いもの
(ほとんど手を加えず、温めるだけで食べられるものなど)
ほど、使われている数は
多くなるそうです。

普段料理は手作りしているから
大丈夫という方も
調味料に注目してみて下さい。

例えばしょうゆやみりんなども
安さや良さそうな言葉で
選んでしまう前に

裏の表示を見て
添加物を使ってしょうゆ風や
みりん風の味にしてあるものかどうか
確認してみて下さい。
(分かりやすいものは、聞きなれない長いカタカナの名前のもの)

そうは言っても
忙しい現代を生きる上で
食品添加物があることで
金銭的にも時間的にも
助かっていることも
また事実です。

なので
一切添加物のない生活をすることは
とても難しいですが
自分や家族の体や心の
健康を考えると

少しでも少ない方がいいですよね。

この食品添加物の存在を
知っているだけでも
大きく違うと思います。

知っていて食べるのと
知らずに食べるのは
気持ち的にも全然違いますよね。

あとは、それを知った上で
少し意識して
自分が何を選んで食べるか
また
家庭の食卓に出して家族に食べてもらうか
が大事だと思います。

ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP