• CBD

今話題のCBDとは?

CBDとは?

CBDは大麻成分の一種

大麻草にはカンナビノイドと言われる
113種類の成分が含まれています。

CBDは、その成分の1つで、
天然の生薬として注目を集めています。

CBDは天然の生薬

日本では、大麻取締法が施行される昭和23年7月10日以前は、大麻草は生薬として利用されていました。

1895年の新聞広告に「印度 大麻煙草」の広告が
軍医の推奨品として掲載されていました。

明治時代の日本薬局方には「印度大麻草」と「印度大麻草エキス」が記載されいました。
大正時代(1921年)には「印度大麻草チンキ」が追加され、
内服で鎮痛薬や催眠剤として外服で巻煙草にして喘息薬として用いられていました。

CBDが治療効果を有する可能性のある疾患

WHO(世界保健機関)が2017年11月6日から10日にジュネーブで行われた
薬物依存に関する専門委員会に於いて

CBD は、現在フェーズⅢ試験において純 CBD 製品(エピデオレックス)を用いた
いくつかの臨床試験でてんかんの効果的な治療として実証されている。
CBD が多くの他の健康状態のために有用な治療であるかもしれないという
初期的なエビデンス(科学的証拠)もある。

出典:CANNABIDIOL (CBD) Pre-Review Report Agenda Item 5.2

と報告しています。

上記のレポートには、てんかん以外にも

・アルツハイマー病
・パーキンソン病
・多発性硬化症
・ハンチントン病
・低酸素虚血性脳障害
・疼痛
・精神障害
・不安
・抑うつ
・がん
・吐き気(悪心)
・炎症性疾患
・関節リウマチ
・感染症
・炎症性腸疾患とクローン病
・糖尿病合併症
などにCBDが治療効果を有する可能性があると記されている。

大麻に対する正しい認識が必要

日本国内では

「大麻」=悪

というイメージを持っている人が多いのに対し
世界に目を向けてみると、2018年10月にはカナダで大麻の所持や嗜好品としての利用が認められています。
また、アメリカでも30以上の州で医療用大麻の利用を認めています。
イギリスでも医療用大麻を薬として処方するのを認めています。

アンチドーピング協会もCBDを指定薬物から除外すると発表しています。

日本は成熟した茎と種から抽出されたCBD製品の利用が認められています。
ただし認識を持ち、CBDを摂取して健康で明るい毎日を過ごしたいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP