ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカル(phytochemical)とは、植物が紫外線や昆虫など、
植物にとって有害なものから体を守るために植物自体が作り出す
色素、苦み、えぐみ、渋み、辛味やネバネバなどに含まれるの成分のことです。

ファイトケミカルの「phyto(ファイト)」は植物
「chemical(ケミカル)」は化学成分とい意味の合成語です。

ファイトケミカルは必須栄養素ではありません。
しかし、ファイトケミカルを摂取することによって
身体の健康維持に作用する重要な成分であることが明らかになりました。

ファイトケミカルのと健康維持の重要な関係

ファイトケミカルの機能として
最も期待されている効果は「抗酸化性」です。

数万種類もあるといわれるファイトケミカルのほとんどの成分が抗酸化性を示しています。

全ての生き物は酸素中で生活しているので、
鉄が錆びるのと同様に何もせずに放っておけば
酸化という過程を経て錆び、最後には朽ち果てていきます。
この過程は、人間の身体の中でも同様に起きています。

呼吸により取り込まれた酸素の一部は活性酸素やフリーラジカルという、
体内の成分と反応しやすい状態になります。

活性酸素は微量であれば人体に有用な働きをします。
しかし、大量に生成されると過酸化脂質を作り出したり、
遺伝子の損傷を引き起こしたりすることで、
動脈硬化・がん・老化・生活習慣病や免疫機能の低下などを引き起す原因になります。

体内にも、活性酸素やフリーラジカルによる酸化を防止するメカニズムがありますが、
植物に含まれる抗酸化物質を摂取することで、細胞の酸化を防ぎ、
老化やさまざまな病気のリスクを低下させることが期待されています。

ファイトケミカルの種類

ファイトケミカルは、今現在で数万種類確認されています。
これから研究が進むと20万種類ほどのファイトケミカルが確認されるのではないかと言われています。

ファイトケミカルは、大きく5つに分類することができます。

ポリフェノール類

植物の光合成でつくられる糖分の一部が変化してできた色素やアクの成分

☆アントシアニン(ベリー類・なす・黒豆・紫芋など)
野菜や果物に多く含まれる紫色系統を中心にした多彩な色の色素素成分。
抗酸化作用だけでなく、視力の維持・回復にも役立つ。
※ブルーベリー・ぶどう・なす・紫芋・黒豆など

☆イソフラボン
色素成分の1つ。
女性ホルモン様作用があり、更年期の不調の改善や骨粗しょう症
高コレステロール予防が期待される。
※大豆・大豆製品など

☆カカオポリフェノール
カカオに含まれるポリフェノール。
疲労やストレスから体を守る。
※ココア・チョコレートなど

☆カテキン
緑茶や紅茶などの渋み成分。
抗酸化作用・殺菌作用があり、血液中の脂質量を正常に保つ働きが認められている。
※緑茶・紅茶・赤ワインなど

カロテノイド類

主に緑黄色野菜に含まれる黄色やオレンジ、赤などの色素成分。

☆リコピン
赤い色素成分。
がん予防やその抑制に作用する。
紫外線から皮膚を守る。
※トマト・すいかなど

☆ルテイン
黄色の色素成分。
がんの予防や視力維持・回復、老化予防に作用する。
※ほうれん草・ブロッコリー・キャベツなど

含硫化合物

イオウを含む化合物で、香りや辛味成分など。

☆アリシン
ユリ科に多い香りの成分。
強い殺菌作用があり、疲労回復にも有効。
※にんにく・ねぎ・玉ねぎ・ニラなど

☆イソチオシアナート
アブラナ科に多い辛味成分。
がんや血栓の予防に効果が期待される。
※キャベツ・大根・かぶ・ブロッコリーなど

テルペン類

柑橘類やハーブ類特有の香りや苦味の成分。

☆リモネン
柑橘類に含まれる香りの成分。
がん予防の他に、消化吸収を助ける作用が期待される。
※レモン・オレンジ・グレープフルーツなど

☆ジテルペン
シソ科の植物に多い香りの成分。
がん予防やその抑制に有効。
※ローズマリー・セージなど

その他

☆β-グルカン
きのこ類に多い食物繊維の一種。
免疫機能を高める働きがあるといわれている。
※しいたけ・ぶなしめじ・エリンギなど

まとめ

ファイトケミカルは、必須栄養素ではありません。
しかし、ファイトケミカルを摂取することで細胞の抗酸化を防ぎ、健康を維持することが分かってきました。

厚生労働省が推奨する国民の健康づくり指針「健康日本21」の中で、
1日の野菜摂取量は350g以上、
そのうち緑黄色野菜は120g摂取することを目標としています。

1日の食事の中でしっかりとファイトケミカルを摂取して健康で笑顔あふれる毎日を送りたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP